« 2010年2月 | トップページ | 2010年7月 »

楽しい終末

僕達は、「こないで欲しいと」願いながら「終末」を楽しく待って過ごしている。

池澤夏樹の書いた名作。

恐竜の終末は人類の終末の教訓になるのか。核による終末や、環境破壊による終末などを中立の立場から検証する。

ノストラダムスが外れた次は、マヤの予言に乗り換えた人たち。

真剣に、冷やかしながら、それが来るのではないかと、ワクワクしている。

問題定義をしているわけでもなく、現状に嘆くのでもなく、「情報」としてとても分かりやすく教えてくれる本。

ブログ学園

ブログネタ: 【ブログ学園】『大人として読むべきオススメの本は?』参加数拍手

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年7月 »