« 旅人の祭り2011 | トップページ | 新聞載ったよ。 »

自由の森学園

実家からもらってきた古新聞を眺めていたら、僕の母校「自由の森学園」の卒業式の写真が大きく乗っていた。

谷川俊太郎の「生きる」という詩と一緒に

2011年24期生の卒業写真はそれぞれが思い思いの格好(和装、コスプレ、民族衣装、etc)に身を包み、思い思いの真剣さで歌を歌たっていた。

精一杯の声で歌っている子も、授業に出てなくて歌詞がわからない子も、おんなじ舞台の上で歌を(または気持ちで)歌っていた。

僕が11期生だとすれば、13年経っている。

多分、写真から想像するに、変わってない。

あそこの持つ「包容力」みたいな物は。

それから僕も。

唯一違ったのは

「生きる」という詩が当時冗談にしか思えなかったのに

今は「そーかも」と思ったところ。

良い学校だった。

みんな何やってんのかな?

|

« 旅人の祭り2011 | トップページ | 新聞載ったよ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/526509/41837692

この記事へのトラックバック一覧です: 自由の森学園:

« 旅人の祭り2011 | トップページ | 新聞載ったよ。 »